住職法話

住職法話 「いかに生き、いかに死ぬか」

トップページ > 住職法話 > 臨時法話 平成28年東日本大震災慰霊・復興祈願法要

臨時法話 平成28年東日本大震災慰霊・復興祈願法要

(掲載日:平成28年3月31日)

去る3月5日、当圓應寺で執り行った
「平成28年東日本大震災慰霊並びに復興祈願法要」の模様を紹介します。

 「東日本大震災」。1000年に一度と言われる大震災から5年になります。大震災と大津波、そして「人災」と言われる原発事故。 直近の調べによると震災で亡くなられた方は15,894人、行方不明者2,561人、震災関連死者3,410人を数え、震災の犠牲者は21,865人に上っています。 一方原発事故によって福島県から県外に避難している方は、今年の2月26日現在43,139人を数え、当山形県にも今年3月3日現在3,121人(福島以外を含めると3,442人)の方々が避難され、原発による終わりのない苦難の生活を続けておられます。  大震災直後、被災地から県内の火葬場に多くのご遺体が運ばれました。その火葬の前で短い読経を上げさせていただきました。 以来、四十九日、一周忌から毎年法要を執り行ってきましたが、今年も16人の僧侶の方々からご協力を頂き、標記法要を行う事が出来ました。

参加を呼び掛けた「法要案内」のチラシです

当日、参加の皆さんにお配りした法要次第と一部配役です。

開式を前に、式次第と配役の確認。

 集会場となった位牌堂。大勢の僧侶が参加する法要の場合、どのようなお経をお唱えするか、その順番、配役などを確認します。半鐘の「上堂の鐘」を合図に、式場へと進むことになります。


鐘を打つ常明寺・茅原英盛師。

 14時30分、職衆(本堂の内陣に入って読経する僧侶)の入堂を告げる「上堂の鐘」。この鐘の音を聞きながら職衆は式場(本堂)に進みます。


内陣に職衆が勢揃いしました。

小衲が導師を務め曲録に座り、同時に職衆も着座、いよいよ開式です。

 会奉行(えぶこぎょう)を務めた永林寺住職・奥平彰良師の進行で皆様にお配りした、下記の「智山勤行式」を全員でお唱えしました。





   智山勤行式

   懺悔文金二丁
【頭】我昔より造る所の諸々の悪業は
【助】皆無始の貪瞋癡に由る身語意從り生ずる所なり
一切 我 今 懺悔したてまつる                          金一丁

   三歸禮文
【頭】人身受け難し 今既に受く
【助】佛法聞き難し 今既に聞く 此の身今生に度せずんば
  更に何れの生に於いてか 此の身を度せん
  大衆諸共に 至心に 三寶に歸依したてまつる
【頭】自ら佛に歸依したてまつる
【助】當に願わくは 衆生と共に 大道を體解して 無上意を發さん
【頭】自ら法に歸依したてまつる
【助】當に願わくは 衆生と共に 深く經藏に入りて
  智慧 海の如くならん
【頭】自ら僧に歸依したてまつる
【助】當に願わくは 衆生と共に大衆を統理して 一切無礙ならん      金一丁

   十善戒
【頭】弟子某甲 盡未來際 
【助】不殺生 不偸盗 不邪淫 不妄語 不綺語 不悪口 不兩舌
 不慳貪 不瞋恚 不邪見                              金一丁

   發菩提心眞言
【頭】【助】おん ぼうちしった ぼだはだやみ   三反             金一丁

   三昧耶戒眞言
  【頭】【助】おん さんまやさとばん   三反                  金一丁

   開經文
【頭】無上甚深微妙の法は 
【助】百千萬劫にも 遭い遇うこと難し われ今 見聞し
  受持することを得たり
  願わくは 如來の眞實義を解せんことを                   金一丁

 皆さんでお唱えした後、
主催寺院を代表して当寺筆頭総代・高橋茂雄氏がご挨拶を申し上げました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読経の中で、私が大震災で亡くなられた方々の慰霊と被災地の復興を祈願する「表白文」を述べました。以下はその文面です。

 平成二十八年東日本大震災忌慰並びに復興祈願 表白文

 敬って真言教主大日如来、両部界会諸尊聖衆、別しては本尊地蔵菩薩、弘法大師等三国祖師、惣じては尽空法界一切三宝の境界に白して言さく。
 夫れ、平成二十三年三月十一日発生の東日本巨大地震と大津波は、一万八千有余人に及ぶ死者と行方不明者。避難者はピーク時に四十万人を越え、いまもって十四万人に及ぶ。 特に福島県にあっては放射能汚染によって十二万人の多くの方々が避難され、現在も尚、当山形県に四千人に及ぶ人々が不自由な生活を強いられている現況に。
 被災地にあっては岩手、宮城、福島県の人口減少が続く中、特に福島県にあっては原発事故によって全域が避難区域となっている浪江、双葉、大熊、富岡の4町で人口ゼロ状態が今なお続く現状に。  この状況下に於いて、原発事故に関連した自殺者は、去年一月から十一月迄で、十九人。一昨年の十五人を上回り、福島は毎年二桁で三県全体の累計自殺者数の半数以上を占める事態に。 終わりの見えない避難生活で、心身の状態が極度に悪化していることの証左なり。
 本日茲に、福島県からの避難者の方々も参列し、物故者の慰霊と被災地の一日も早い復興を共に祈念するもの也。
 この原発問題について仏教宗団の総本山・全日本仏教会は「負の遺産となる処理不可能な放射性廃棄物を生み出し未来に問題を残しているという現実、私たち全日本仏教会は『いのち』を脅かす原子力発電への依存を減らし、原子力発電に依らない持続可能なエネルギーによる社会の実現を目指します。」との声明を発表。
 伏して想う。
 「人のいのちと健康は経済性に優先!」。この当たり前の精神に立ち戻り、自然エネルギー等の持続可能なエネルギー活用により、原子力発電によらない脱原発・卒原発を目指し、子孫に明るい未来を提供するものぞと。
 大震災以降、四十九日忌慰霊法要をはじめ、毎年この時期に慰霊と復興祈願法要を重ね、本年は、御詠歌「般若心経和讃」並びに新曲「東日本大震復興和讃」を唱えると共に、山形マンドリンアンサンブルによる癒しの演奏をもって、檀信徒、地域住民、避難者が一堂に会して物故者諸精霊の追善菩提と被災地の早期復興を祈念するもの也。
 失われたおびただしい「いのち」への追悼と鎮魂こそ、私たち生き残った者にとって復興の起点であることを胸に
 
 (「ご参会の皆様、合掌の上、弘法大師様の御法号『南無大師遍照金剛』を導師と共に三回お唱え下さい」)

 南無大師遍照金剛
 南無大師遍照金剛
 南無大師遍照金剛

 (「有り難う御座いました。合掌、お直り下さい」)

 平成二十八年三月五日
 真言宗智山派
 大慈山圓應寺導師
 少僧正 啓 芳
         敬白

ご詠歌をお唱えする講員の皆さん

僧侶15人 総勢120人の法要

 2曲の御詠歌を奉詠しました。はじめに「般若心経和讃」の1番と4番をお唱えしました。歌詞は事前に皆さんに配布しました。以下がその文言です。


  般若心経和讃

・ 菩提の心求むれば  般若の智慧に照らされて

  彼岸の里に行き到り  あまたの苦役除かれん

・ 真言陀羅尼唱えつつ 覚りの国にィ入りぬれば

  曼荼羅仰ぎとこしえに 生きる力も曄かん

次に新曲「東日本大震災復興和讃」をお唱えしました。以下がその文言です。

60人を超える講員の御詠歌

  東日本大震災復興和讃

1.波舞い上がり砕け散る  網引く声も高らかに
   よせあう力もたのもしや  故郷の恵み守らなん

2.連なる峰の気高さよ  生きる力も新たなり
   われらが智慧もさまざまに  故郷の幸や栄えなん

3.深い絆に結ばれて 復興せられし今日なれど
   御霊の無念忘れまじ 心に刻み精進を

同じ智山派の他寺院の御詠歌講員さんも参加、総勢60人ほどの皆さんの奉詠です。

写真は山形村山教区37番正法寺の講員さん。

一般の方々は、事前に配布されたご詠歌の歌詞をじっと見つめながら聴き入ります。


導師の案内で弘法大師さまのご宝号・「南無大師遍照金剛」を三回お唱えいたしました。


「山形マンドリンアンサンブル」の指揮者・東北文教大学短期大学部教授・那須一彦氏による演奏曲「望洋の詩(ぼうようのうた)」「浜辺の歌」の紹介がありありました。


昨年に続くマンドリン演奏は、人々の胸に響き渡り、「浜辺の歌」では、口ずさむ人々も。


被災者を代表して佐藤令子さんがご挨拶をされました。
ご本人よりその原文を頂きましたので、ご了解の下、以下に掲載します。 

 私は福島県浪江町から、震災と原発事故により、家族と共に長女家族の住む山形市へ避難してきました佐藤です。
 平成23年3月22日大震災に見舞われ家も津波で流されてしまったあの日から5年の歳月が過ぎようとしています。
 私は、自然の猛威の前では、その時、その場面での「決断と行動」が命を守ることに繋がることを震度6強の地震体験を通して知りました。
 あのときは、1歳3ヶ月になった孫と近所の友人宅に遊びに行った帰り、自宅の直ぐ裏まで来た時に揺れが始まり、ゴーッという地鳴りの音と共に強さを増していく揺れに立っていられず、孫を抱いて座り込みました。空気の振動だったのか稲妻のような光が何回も走り、大地が裂けるのではとの恐怖にかられました。家から飛び出してきた夫が、私たちを見付け安全な所へ移動し、揺れが収まるのを待っていると、後方の民家の屋根の瓦が、土ぼこりをたてながら、バラバラと崩れ落ちていました。揺れが少し収まり家に戻ると、テレビで大津波警報と宮城県の女川に3メートルの津波が到達していると報道されており、夫の「津波が来るから逃げよう」の言葉に促され、孫をおんぶして家を出るとき、仏壇から転げ落ちていた 位牌を戻しながら「家を守ってね」と声をかけました。
 このことが後に圓應寺の住職さんとの出会いになり、季節は8月になっていました。この間に2人目の孫も誕生し、何とかマンションでの生活にも慣れてきたかなと思う反面、今までの色々な出来事が心の重荷になっていたのか、住職さんとお会いした時、私たちの話に静かに耳を傾けながら受け止めて下さる姿が、亡き父の面影と重なり、心が軽くなったことを覚えています。近所の方々とも挨拶を交わすようになり、特にマンションの大家さんは私達の元へ山菜や野菜、果物等を度々持参してくれては、「食べてけらっしゃい」「んだず-」等山形弁で話を盛り上げ、色々な事を教えて下さる、とても心強い存在でした。又、前の奥さんに「お茶 あがっしゃい」と何回も声を掛けていただきました。  2年目には、夫は、町の復興支援員として、長男夫婦も仕事につき、私は二人の孫育てに追われる日々でした。今思うとこの頃が一番大変でしたが、孫との生活が私の元気の源だったように思います。
 3年目には念願だった家を求め、4階のマンション生活からやっと庭のある土の上での生活に、私達が一足先に移り、孫達は「あかねのお家」から幼稚園に通い現在に至っています。今では地区の行事に参加したりすることで近所の方々とのかかわりも増え、夫は地区のゴルフ同好会に誘われ楽しんで参加しています。私も孫の友達を通してばば友もでき楽しく行き来しています。あの時1歳3ヶ月だった孫も4月には一年生。山形での5年の歳月と孫の成長が重なり、今の生活があることの幸せを感じています。最後になりましたが、本当におかげさまで、皆様の温かい思いやりに支えられて、この地に根をおろすことができましたことに感謝し、今後はふるさとの一日も早い復興を願いながら、がんばって生きたいと思っています。


最後に佐藤さんは、「浜辺の歌の演奏を聴き、思わず故郷の海を思い浮かべてしまいました……」と。


全日程を終わるに当たり、私から各界の協力・参列者へのお礼と、
法話「限られた人生を大切に生きよう」と題してお話をさせていただきました。

職衆の退堂です

運営には当寺の総代・世話人か総出で当たりました。

出口で災害義捐金箱を持って皆さんにご協力頂きました。


多くの方々に義援金のご協力を頂きました。

 総額125,378円を当宗派宗務庁に3月10日送付させて頂きました。宗務庁より被災寺院関係に贈られます。皆様、誠に有り難う御座いました。


下足担当も役員さんたちの大切な役割です。

 このようにして実にたくさんの方々に無償ボランティアとしてご協力を頂き、28年の法要を無事終えることが出来ました。特に職衆をはじめ、演奏いただいた山形マンドリンアンサンブルの方々、及び受付用テント・下足関係の諸備品関係と設営を毎年ご協力いただいている冠婚葬祭業のジョインセレモニー(平安典礼)さんには心より厚くお礼申し上げます。誠に有り難うございました。

法要の模様は翌日の「山形新聞」に掲載されました。

 又、地元テレビ2局によっても報道されました。
 今年の法要を終え、ホッとしています。参列頂いた多くの方から「震災、原発…5年になると次第に遠くになってしまう。亡くなった方、被災者の事を想うと決して忘れてはならな いと思っているが。この法要に参加して、又気持ちを新たにした感じ」との感想をいただきました。私達がこの法要を続ける原点の一つではないかと思っています。

 来年の平成29年は、七回忌となります。皆様のご協力をいただき、この法要を七回忌まで続けたいと考えております。

トップページ > 住職法話 > 臨時法話 平成28年東日本大震災慰霊・復興祈願法要