墓地分譲

 当寺の墓地は、全て境内墓地となっており、本堂北側にあります。この墓地は、昭和57年境内全体の整備と共に整備・改葬・新装されたものです。通路は全てアスファルト舗装で幅は1.28メートル、特にセンター通路は中央を敷石で固め、全体幅を2.06メートルと広く取りました。又、墓地の周りにはキンモクセイとサザンカを植樹し、自然豊かな緑と花を楽しめるようにしました。




 個々の使用墓地は、昭和57年の改葬の際、江戸時代からの墓地使用者であった檀家も新しい檀家も同一区画面積の墓地にしました。古い檀家の中には広々とした墓地を使用していた方も沢山おられましたが、皆さんの協力により、広い通路と墓地としての景観の確保が可能になりました。これにより全ての墓地は南北の通路を挟んで東か西向きとなり、碁盤目の整然としたものとなりました。


 

一区画の面積は、4.5尺×5尺
入檀、墓地使用料等については当寺に直接お問い合わせ下さい。