永代供養塔・永代供養墓

新しく永代供養塔・永代供養墓 建立2016(平成28)年10月30日開眼

 少子化の中で、継承者がなくご自身のお墓を持てないという方々が増えています。 圓應寺ではこの様な方々の要請に応え、永代供養塔と永代供養墓を建立しました。

永代供養塔

供養塔屋上には地蔵様と観音様
そして五輪塔が立ち、供養します。

永代供養塔

 原則10年間(希望により最長20年まで)、骨箱のまま地下廟の仏壇形式祭壇(一部棚形式)にお預かりします。 外からの参拝は勿論、ご遺族関係の方が地下のお骨の前で直接お参りできます。仏壇の扉を開け、本尊様に灯をともして参拝して頂きます。又、個別に銘板を取り付け、戒名もしくは俗名を刻印します。
 地下廟正面には当寺のご本尊と同じお地蔵様がお守りし、供養塔屋上には地蔵様と観音様そして五輪塔が立ち、供養します。 又、東北最大と言われる木造坐像の圓應寺観音(最上札所第四番)が近くから供養の眼差しを延べ、参拝者からもお参り頂く回廊付です。 原則10年の期限が過ぎますと永代供養墓に合葬されます。

永代供養墓

ご本尊様と同じ地蔵菩薩がお守りします

永代供養墓

 永代供養塔から合葬される場合の他、直接永代供養墓に埋葬することも出来ます。合葬された遺骨(故人)は、圓應寺が続く限り永代に供養されます。 埋葬されたしるしとして永代供養塔と同じく銘板を取り付けます。 又、ご希望により卒塔婆を建てることも出来ます。

申込出来る方

原則、伝統仏教の方は宗派を問いません

使用上の規約

  • 供養・法要等は圓應寺の法儀により執り行います。
  • 人骨の焼骨のみを納骨します。
  • 希望により葬儀、年回忌法要も行います。又、戒名もお授け致します。
  • 申込み後、実際に利用するまでの期間は「永代供養塔(墓)使用者の会」に入会頂きます。
  • 規約の詳細および使用料金等は来寺いただき、「圓應寺永代供養塔(墓)使用規約」等を参照下さい

その他

  • 墓地分譲も承っております
  • 駐車場完備(約100台)
  • JR北山形駅より徒歩10分
  • 山形交通バス「円応寺」より徒歩1分

お問い合せ

  • 真言宗智山派 大慈山圓應寺 (最上三十三観音霊場第四番札所)
  • 山形市宮町四丁目16-33
  • 電話番号 023-622-3937
  • ※お問い合わせは夜は8時まで

供養塔・供養墓等、境内景観

  • 永代供養塔の地下廟へはこの扉を開けて入ります
  • 地下廟のご本尊・地蔵菩薩と個別仏壇形式祭壇
  • 個別の仏壇式祭壇
  • 一部、棚式の祭壇もあります
  • ご希望により屋上に卒塔婆を建てることも出来ます
  • 永代供養墓はこの境内墓地の中央に位置しています
  • ここに埋葬された方の俗名又は戒名を刻印した銘板を取り付けます
  • 永代供養墓にもご希望により卒塔婆を建てることが出来ます
  • ご希望により葬儀もお引き受け致します
  • 圓應寺のご本尊・地蔵菩薩
  • 圓應寺観音 東北最大と言われる木造坐像の圓應寺観音(最上札所第四番)が近くから供養の眼差しを延べ、参拝者からもお参り頂く回廊付です
  • 巨大石を造作した弘法大師修行石像もお守りします
  • 最上三十三観音石像もお守りします
  • 水屋 墓地の入口にあり、供養塔と供養墓の中間に位置しています
  • 大駐車場 約100台が駐車可能でゆったりと駐車できます

永代供養塔の開眼法要

開眼法要

 去る10月30日、総代・世話人の方々と供養塔・供養墓の開眼法要を執り行いました。その後に供養塔(墓)の説明・見学会を開催しました。 以降はその模様です。

  • 開眼法要 永代供養墓の開眼法要
  • 開眼法要 永代供養塔(墓)の説明会。多くの方々に参加いただきました
  • 開眼法要 永代供養塔(墓)の説明に聴き入る人々
  • 開眼法要 永代供養塔前で地下廟への入室を待つ人々
  • 開眼法要 永代供養墓を見学する人々